レンタルカメラNAVI

おすすめレンタルカメラショップとは?20項目で10社を徹底比較!

レンタルできる防水カメラ全14機種一覧&おすすめの機種とは?|水中写真

防水カメラ水中写真
  • サンゴや魚などの水中写真を撮りたい!
  • プールで水没の心配なく写真を撮影したい!
  • 水を使ったイベントやパレードで撮影をしたい!
  • スキーやスノボでの撮影で防水機能が欲しい!

といった方には防水カメラがオススメです。

この記事では、

  • 防水カメラでどんな写真が撮れるの?
  • レンタルできる防水カメラ一覧!
  • どの防水カメラがおすすめ?

といった防水カメラを探している人に向けた記事内容となっています。

おすすめの防水カメラを見る

 

防水カメラを使うメリットとは?

防水カメラなんて必要ない!写真はスマホがあるから大丈夫!

などと思っていませんか?

最近ですとスマホ用の防水ケースなどが販売されていますが、そういった防水ケースの防水度は低いものです。

カバーに少しでも穴が空いていたり、チャックが閉まっていなかったりすれば直ぐに水が入り込み、スマホが水没するでしょう。海などで水没した場合は塩の影響で故障しやすくなってしまいます。

そこでオススメなのが防水カメラなのですが、海などで使うと塩の影響でメンテナンスが大変です。レンタルなら掃除も考えなくて大丈夫ですのでカメラ初心者でも簡単に使う事ができます。

また、スマホ用のカバーだと写真の画質はどうしても悪くなってしまうのがデメリットとなります。

そういったことから、水中写真や雪地での撮影には防水カメラの利用がオススメです。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

aquatimeさん(@aquatime_dai)がシェアした投稿 -

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

❄️yuki❄️さん(@yukimachiko.1008)がシェアした投稿 -

 

レンタルできる水中防水カメラ一覧

GoPro HERO5

GoProHERO6防水カメラレンタル

人気アクションカメラGoProHEROシリーズも防水カメラとして使用することが可能です。

GOProHERO5の一つ前のモデル「GoProHERO4」も防水カメラとして使用はできますが、GoProHERO4は流石に古くなってしまうのでとなってしまうため、あまりおすすめできません。

GoProHEROシリーズをレンタルするならGoPro HERO5かGoPro HERO6をおすすめします。専用の「防水ハウジングケース」をつけることで水深60メートルまで耐える事が出来ます。

防水深度 10m(60m)

レンタル取り扱いサイト

 

GoPro HERO6

GoProHERO6防水カメラレンタル

人気アクションカメラGoProHEROシリーズのGoProHERO6です。

アクションカメラは防水機能がついていることが多いのですが、GoProHERO6は他のアクションカメラに比べて防水水深が深いのが特徴です。

専用の「防水ハウジングケース」をつけることで水深60メートルまで耐える事が出来ますので、とにかく深くまで潜って撮影をしたいと思っているダイビングにはおすすめの機種となっています。

また、GoProHERO6を防水カメラと使用しなくてもアクションカメラとして機能を発揮してくれますので、旅行でも使いやすい防水カメラ可と思います。

防水深度 10m(60m)

関連記事GoProHERO6をレンタルするならどこが良い?全3社で料金比較!

 

GoPro Fusion

GoProFusionレンタル

GoProの360度カメラである「GoPro Fusion」も防水機能が備わっています。

他の360度カメラではケースを装着するため、写真のつなぎ目が目立ったりしますが、GoPro Fusionはケース無しで防水機能が付いていますので、綺麗な水中360度映像・写真が撮影可能です。

ただし対応スマートフォンが少ないのがデメリットとなっています。

防水深度 5m

関連記事GoPro Fusionをレンタルするにはどこが良い?取り扱い2社で比較!

 

Nikon COOLPIX W100

COOLPIX W100防水カメラレンタル

Bluetooth接続と専用アプリを使って撮った写真を自動でスマホに転送!

画質的にはそこまで高いと言えず、iPhoneなどの高性能カメラと比べるとスマホの方が綺麗に写るかもしれません。

それでもこのカメラを選ぶポイントとすれば、水中撮影が可能な点と、耐衝撃機能も付いているので多少乱暴な扱いをしても大丈夫という点かと思います。

防水深度 10m

レンタル取り扱いサイト

 

Nikon COOLPIX AW130

COOLPIX AW130水中カメラレンタル

水深30mまでに対応した「Nikon COOLPIX AW130」は、明るい広角レンズを搭載している為、暗い水の中でも明るい写真を撮影することが出来ます。

手ブレ補正も付いているため水中撮影でも滑らかな映像の撮影が可能!

その他、タイムラプス動画機能や、数秒の動画をつなげてBGM付き動画を自動的に作れるショートムービーショーを搭載しているのでスマホも持っていない方でも簡単な編集が可能です。

防水深度  30m

レンタル取り扱いサイト

 

Nikon COOLPIX W300

COOLPIX W300防水カメラレンタル

先程紹介した「Nikon COOLPIX AW130」の後継機種となる「Nikon COOLPIX W300」です。

この水中カメラの大きな特徴といえば防水30mまで耐えられるという点です。手元を照らせるLEDライトも搭載しているので暗い海のも利用可能!

方位や高度や水深などを確認できるガイド表示や、撮影地に関する情報や移動ルートの記録が可能。写真は自動的にスマートフォンに転送することも可能。

防水カメラだけでなく、耐衝撃性能もついていますので、アウトドアシーンはもちろん日常シーンでも活躍出来るかと思います。

防水深度 30m

レンタル取り扱いサイト

 

OLYMPUS STYLUS TG-4 Tough

STYLUS TG-4 Tough

OLYMPUS STYLUS TG-4 Toughは明るいレンズを私用している為、水中でも明るい映像・写真を撮影することが可能です。

WifiとGPS機能が付いていますので、”どこでどんな写真を撮影したか”を後から地図上で確認することが出来ます。また、RAW撮影にも対応しています。

本体そのままでも15m防水が備わっていますが、防水プロテクターを付けることで40mまでに対応します。

防水深度 15m(40m)

レンタル取り扱いサイト

 

OLYMPUS STYLUS TG-5 Tough

STYLUS Tough TG-5

先程紹介した「OLYMPUS STYLUS TG-4 Tough」の後継機種となる「OLYMPUS STYLUS TG-5 Tough」は、防水カメラとしてだけでなく、旅行中でも使いやすいカメラかと思います。

もちろん旧モデルの機能はそのままです!

暗い撮影がメインとなる水中での撮影を想定して作られていますので、明るいレンズが採用されています。ということはシャッタースピードを早くして撮影することが出来ますので、結果的に写真がブレにくくなるということです。

解像度の4Kまでの映像が撮影可能で、Wi-Fiでスマホに写真を簡単に送ることが出来ます。

本体そのままでも15m防水が備わっていますが、防水プロテクターを付けることで40mまでに対応します。

防水深度 15m(40m)

レンタル取り扱いサイト

 

OLYMPUS STYLUS TG-870 Tough

このカメラの特徴としましては画面が180度反転するため自撮りがしやすいというところです。

GPSで撮影場所を記録することが出来ますので、水中写真だけでなく旅行でも使いやすい機種となって言います。

衝撃や低温にも強く、アウトドアカメラ向きのカメラです。

防水深度 15m

レンタル取り扱いサイト

 

FUJIFILM FinePix XP120

XP120

「FUJIFILM FinePix XP120」は防水・防塵機能のレベルで最高ランクを保持しています。また、-10度の極寒の地でも動作する耐寒性能も保持。

高性能なセンサーとレンズで高画質な映像・写真を撮影可能!

背面にあるモニターが大きく水中でも見やすいのも特徴です。

防水深度 20m

レンタル取り扱いサイト

 

FUJIFILM FinePix XP130

XP130

「FUJIFILM FinePix XP120」の後継機種に当たる「FUJIFILM FinePix XP130」です。

旧機種の機能をそのままに、Bluetooth機能が搭載され、スマホとの接続がより簡単になりました。

また、新しく「電子水準器」や「瞳AF機能」が追加されました。モニターに電子水準器の表示や、瞳を検知しピントを合わせることが可能です。

防水深度 20m

レンタル取り扱いサイト

 

RICOH WG-50 ガンメタリック ブラック

RICOH-WG-50

PENTAXブランドの防水カメラをリニューアルして作られた「RICOH WG50」です。

1.6mの高さから落としても大丈夫な耐衝撃性能と、氷点下10度でも作動する耐寒性能と、最大で100kgの耐荷重構造を持つとっても丈夫なカメラです。

青色かぶりを抑える「マーメードモード」という水中撮影専用のモードがある為、肉眼で見た時と同じ色で撮影することが可能です。

防水深度 14m

レンタル取り扱いサイト

 

RICOH WG-M1

RICOH WG-M1

RICOH WG-M1は137度の広角レンズが付いていますので、風景を広く撮影することが可能です。動画はフルHDまでの対応です。

レンズの明るさはF2.8 とそんなに明るくないと行った印象ですが、耐寒-10℃、耐衝撃2mといったタフさを持っているアウトドア向けのカメラです。

防水深度 10m

レンタル取り扱いサイト

 

OLYMPUS STYLUS TG-Tracker

OLYMPUS STYLUS TG-Tracker

GPS・気圧センサー・温度センサー・方位センサー・加速度センサーの5つのセンサーを搭載した「OLYMPUS STYLUS TG-Tracker」は、機能的にはコンパクトデジカメとさほど変わりなく、防水や耐衝撃などの機能がついたカメラといった所です。

しかし最大で204度の広角レンズが採用されているため、より広い範囲を撮影することが可能です。

手ブレ補正や4K動画撮影といった機能も付いているため満足できるカメラかと思います。

防水深度 30m

レンタル取り扱いサイト

 

どの水中防水カメラがおすすめ?

色々な防水カメラがレンタル出来ますが、「たくさんありすぎて選べない!」という方もいるかと思います。

そこでコレを選んでおけば間違いなし!という防水カメラを選んでみましたので参考にしてみて下さい。

GoPro HERO6

gopro6

初めて防水カメラを使うのにオススメなのがGoPro HERO6です。

水中撮影・サーフィンやスキー・スノーボードはもちろん登山などの旅行でも使いやすいカメラとなっています。コンパクトサイズで持ち運びも楽ちん。

GoProHERO6は広角レンズがついているので広く撮影することが可能です。

防水深度は10mですが、専用の防水ハウジングケースをつけることで水深60メートルまで耐える事が出来ます。といっても10mの高さとなると建物3階分になりますので、十分ではないでしょうか?(防水ハウジングケースもレンタル可能です)

スローモーション機能もついており、水中でも面白い映像が撮れるかと思います!

スキーやスノーボードなど両手が塞がれている状態での撮影は、ヘルメットなどにGoProを設置することも出来ます。逆に手に持って撮影をしたい場合はアーム(自撮り棒)を別でレンタルする必要があります。

 

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

MARTY SNAKEさん(@marty_snake)がシェアした投稿 -

 

GoPro HERO6をレンタルするには

レンタル取り扱いサイト

関連記事GoProHERO6をレンタルするならどこが良い?全3社で料金比較!

 

OLYMPUS STYLUS TG-5 Tough

前モデルのOLYMPUS STYLUS TG-4 Toughより進化したOLYMPUS STYLUS TG-5 Toughがおすすめです。どうせなら最新機種が良いですもんね!

撮影するとどうしても暗くなってしまう水中での撮影を想定して作られていますので、明るいレンズが採用されています。接写が得意な機種ですので、水中の魚やサンゴなどを綺麗に撮影できるかと思います。

本体そのままでも15m防水が備わっていますが、防水プロテクターを付けることで40mまでに対応。4Kまでの映像が撮影可能で、スマホとWi-Fi接続をして写真を簡単に送ることが出来ます。

また、防水カメラとしてだけでなく、旅行でのカメラ利用にも使いやすいカメラかと思います。

特別な設定も必要なく「オートでも十分キレイに撮れました!」といった口コミもありましたので初心者にも簡単に使えるかと思います。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

kohei satoさん(@sat0kou)がシェアした投稿 -

 

OLYMPUS STYLUS TG-5 Toughをレンタルするには

レンタル取り扱いサイト

 

Copyright© レンタルカメラNAVI , 2019 All Rights Reserved.