レンタルカメラNAVI

おすすめレンタルカメラショップとは?20項目で10社を徹底比較!

シーン別おすすめレンタルカメラ

運動会におすすめのレンタルカメラとは?動画・写真おすすめ機種!

投稿日:

運動会レンタルカメラ

年に1回の運動会!

子供の成長の記録としてぜひ撮っておきたい行事の一つです。

でも、

  • 手元にはスマホしかないし、スマホはズームすると汚い...
  • 小さいカメラは一応持ってるけどスマホの方がキレイかも!?
  • 一眼レフは持っているけどズームレンズがない...

などと、お悩みではありませんか?

でもカメラは買うとなると高いですし、買ったとしても運動会後はカメラを使わないかもしれません。(最近のスマホが優秀なので...)

こんな時におすすめなのがレンタルカメラです!

この記事では運動会の撮影におすすめのレンタル カメラをで紹介します。

 

運動会の撮影に必要なカメラの条件

運動会レンタルカメラ

まず初めに運動会の撮影に必要なカメラの条件をお話します。

運動会が行われる校庭はとても広いですよね?

小中学校のトラックの端から端までの長さは、だいたい50~100mぐらいです。

そのため、運動会にはズームが出来るレンズが必要です。

スマホがあるからいいもん!

という人が最近かなり増えてきましたが、スマホのズームでは全く足りませんし、スマホはズームすると画質が荒れる為、運動会の撮影には向きません。

(風景や会場全体を撮るならスマホでも大丈夫です)

また、ズームすると、手ブレがひどくなります。そのため、手ブレ補正が付いたカメラが良いでしょう。

 

運動会ではスマホは使えない!?

スマホ

結論からお伝えしますと、運動会はスマホでの撮影は無理だと思ったほうが良いでしょう。

その理由を紹介します。

  1. スマホは電子ズームなので、ズームすればするほど画質が落ちます。
  2. 手ブレ補正がないので写真がブレる。ズームすると手ブレはもっと酷くなります。
  3. たくさんの動画や写真を撮っていると、メモリーが足りなくなる可能性があります。
  4. 運動会は屋外の炎天下です。スマホが高温になりカメラアプリが動かない可能性があります。

逆にメリットといえば、手軽に使えるぐらいでしょうか...?

競技後の友達との記念撮影や、お弁当を食べてるときの撮影にはスマホは使えると思いますが、メインの競技ではスマホは役に立たないと思って良いでしょう。

※iPhoneもスマホと同じです。

 

運動会撮影におすすめのレンタルカメラ

上記の運動会の撮影に必要なカメラの条件を踏まえた上で、おすすめのレンタルカメラを紹介します。

まずは運動会でどんなものを撮りたいですか?

  • 動画?
  • 写真?

目的に応じて機材が変わります。

今回おすすめする機材は選んでおけば間違いなしのカメラをピックアップしました。

 

運動会では動画を撮りたい!

運動会で動画を撮りたい

運動会で動画を撮りたい人はここから選んでみてください。

もちろん一眼レフでも動画を撮ることが出来ますが、操作性やピントの速さの観点から、一眼レフは動画におすすめできません。

動画を撮りたいならばビデオカメラをおすすめします。

 

SONY ビデオカメラ HDR-CX675

運動会レンタルカメラSONY HDR-CX675

運動会をビデオで撮りたいならこれを選んでおけばOK!

SONY HDR-CX675は、ソニーのビデオカメラのミドルクラスに属する製品です。

ソニーはカメラをはじめとする光学機器で豊富な実績がありますので、安心して使うことが出来ますよ。

空間光学手ブレ補正が付いているので手持ち撮影が出来ます。

手ブレ補正の重要性がわかる動画がこちらです↓

特徴

  • "新"空間光学手ブレ補正(グレードアップした空間光学手ブレ補正)
  • 高速オートフォーカス(追尾してピントを合わせ続けるロックオンAF)
  • 32GBのメモリ内蔵(SDカードを用意しなくて大丈夫)

SONY ビデオカメラ HDR-CX675 をレンタル

 

SONY 4Kビデオカメラ FDR-AX40

運動会レンタルカメラFDR-AX40

SONYの4Kビデオカメラ FDR-AX40は高性能モデルのビデオカメラです。

先程のビデオカメラよりもズームは出来ませんが、4K映像を撮れるのが特徴です。

また、素早くピントを合わせてくれますので、動き回る運動会に活躍するカメラです。

特徴

  • "新"空間光学手ブレ補正(グレードアップした空間光学手ブレ補正)
  • 高速オートフォーカス(追尾してピントを合わせ続けるロックオンAF)
  • 64GBのメモリ内蔵(SDカードを用意しなくて大丈夫)
  • 4K撮影可能(4K対応モニターがあれば使える)

SONY 4Kビデオカメラ FDR-AX40をレンタル

 

運動会では写真を撮りたい!

運動会で写真を撮りたい

運動会で写真を撮りたい人はここから選んでみてください。

写真をとりたい場合は一眼レフカメラをおすすめします。スマホでは考えられないくらい綺麗な写真が撮れますよ。

 

まずはじめに、一眼レフは本体レンズが必要です。

基本的には本体とレンズがセットになったのをレンタルしますが、運動会で使用する一眼レフカメラは別でレンズをレンタルする必要があります。

一眼レフを使って運動会で満足した写真を撮るためにはズームレンズが必要だからです。

カッコ内に書かれているものがレンズです。

 

キヤノン EOS Kiss X9i(+ EF70-300mm F4-5.6 IS II USM)

運動会レンタルカメラEOS Kiss X9i

運動会レンタルカメラEF70-300mm

一眼レフ初心者におすすめなのはこの組み合わせ!

カメラ本体のX9iはピントを合わせる観測点が多いため、動いている子供にピントが合いやすいです。

レンズのEF70-300mmは2016年末にリニューアルしたレンズです。手ぶれ補正が強力オートフォーカスが優秀なためピントが合いやすく、300mmまでの望遠でグランドの端まで撮影できるので、運動会にはうってつけのレンズです。

特徴

  • X9iは軽いので初心者におすすめ(ズームレンズをつけると重くなるため、本体は軽くしておきたい)
  • X9iは連射可能(連射でリレーなどの素早い動きも撮影できる)
  • EF70-300mmはズームレンズの中でも軽い(ただ、70mmからになるので近接撮影が苦手。近接撮影は本体セットのレンズを使いましょう。)

キヤノン EOS Kiss X9iをレンタル

EF70-300mm F4-5.6 IS II USMをレンタル

 

Nikon デジタル一眼レフ D5500(AF-S NIKKOR 28-300mm f3.5-5.6G ED VR)

運動会レンタルカメラD5500

運動会レンタルカメラNIKKOR 28-300mm

キヤノンではなく、ニコンを使いたいという方はこちらの組み合わせ!

上記で紹介したキヤノンと比べても差はほとんどありません。

レンズのNIKKOR 28-300mmは、近接撮影もでき、多くの撮影距離をカバーできる、運動会のためのズームレンズです。

特徴

  • 上位機種と同じ画像処理エンジンを搭載で綺麗に映る
  • 連写出来るから撮影ミスが減らせる
  • D5500は軽くて持ちやすい
  • NIKKOR 28-300mmは手ぶれ補正もアリ

Nikon デジタル一眼レフ D5500をレンタル

AF-S NIKKOR 28-300mm f3.5-5.6G ED VRをレンタル

 

子供の競技を間近で撮影?こんな撮影もできる!

発想次第では面白い映像が撮れるのもカメラの魅力です。

親子競争などで親と子が競技に参加する場合、競技者目線で子供の映像が撮れると面白いと思いませんか?

普通の運動会の撮影とは違った面白い写真・映像が撮れますよ!

今まではズームが出来るカメラを勧めてきましたが、子供に接近して撮影する場合には、広角のレンズを持っているカメラが必要です。

そこでおすすめなのがGoProシリーズです。

GoPro HERO6

運動会レンタルカメラGoPro

GoProはズームで遠くのものを撮影することは出来ませんが、広角レンズが付いているので、近くの子供を撮るのに最適です。

また、GoProはアクションカムといい、サイクリングやスノーボードやサーフィンなどで使われるカメラな為、とても頑丈です。

親子競技で走っている最中に、もしGoProを落としたとしても壊れることはめったに無いので安心して使うことが出来ます。

ビデオカメラや一眼レフの代わりにはならないと思いますので、サブ機として使ってみても面白いかもしれません

今年はちょっと違った写真を撮ってみたい」と思ってる人はオススメです!

特徴

  • アクションカムなので丈夫(防水で水に塗れても大丈夫)
  • 広角なので校庭全体を写すことが可能
  • 動画も写真も撮ることが可能

関連記事GoProHERO6|レンタルするならどこが良い?全3社で料金比較!

GoPro HERO6をレンタルする上で揃えておきたいアクセサリーとレンタルショップの値段の比較をしています。

※学校によっては、競技でカメラの持ち込みが禁止になっていたりする可能性もありますので、事前に確認をしておく必要があります。

 

運動会の撮影には事前準備も必要!

運動会の撮影には事前準備も必要です。

いくらいいカメラを使えたとしても、実際に撮影出来なければ意味がありません。

ベストショットを撮れるよう、お子さんと事前にチェックをしてみてください。

  • 入場口
  • 競技場所
  • 移動時のコース

などといった見失いやすいポイントを抑えておきましょう

競技場所と真逆の場所で場所取りをしてしまったら、人影により撮影できないかもしれません。

また、ズームレンズを使用していると子供を見失いやすいです。わかりやすい靴を履かせるなどして、見つけやすい工夫をしましょう。

 

まとめ

カメラをレンタルしようと思ったら、

  • レンタルカメラのショップって多くてどこでレンタルしたら良いか分からない...
  • レンタルカメラショップの選び方はどうすればいいの?

なんて事を思いますよね。

レンタルカメラショップを選ぶには

  • 破損・水没時の補償
  • 身分証明証の提出
  • 即日発送

といった大事なポイントを比較する必要があります。

詳しくはこちらで紹介しています。

>>おすすめのレンタルカメラショップとは?10社を20項目で徹底比較!

 

-シーン別おすすめレンタルカメラ

Copyright© レンタルカメラNAVI , 2019 All Rights Reserved.