レンタルカメラNAVI

おすすめレンタルカメラショップとは?20項目で10社を徹底比較!

360度カメラ

『RICOH THETA S』どこでレンタルする?全3社で比較!

360度カメラブームの火付け役「RICOH THETA S」

今回はRICOH THETA Sレンタルできる全3社で料金とサービスを比較していきたいと思います。

冒頭ではRICOH THETA Sについての説明をしています。

「どこでレンタルすればいいんだ!」とお急ぎの方は、目次から項目に飛んでください!

 

RICOH THETA Sとは

RICOH THETA S レンタル

RICOH THETA Sは全天球カメラといい、1回のシャッターであなたを取り囲む全ての景色を撮影することができます

どういうことかというと、このような360度の写真が撮影できるんです。

The Painted Hall at The Old Royal Naval College in United Kingdom – Spherical Image – RICOH THETA

まるでその場にいるような、臨場感ある写真が撮影できるんです。

もちろん、動画も写真もどちらとも撮影することが出来ますよ!

RICOH THETAシリーズには、RICOH THETA Sの後継機種「RICOH THETA V」もありますので、最新機種を使いたいと思っている人はRICOH THETA Vのレンタルをおすすめします。

 

仕組みを説明すると...

RICOH THETA S 本体の前後にカメラが2つ付いています。

それらカメラは180度ずつ撮影できるカメラで、シャッターをきると2枚の写真が撮影出来ます。

そして2枚の画像を繋ぎ合わせ、180度+180度=360度の写真が完成するのです。

繋ぎ合わせる工程はRICOH THETA Sが自動的にやってくれるので、シャッターを押すだけで360度の写真が撮れますよ!

 

実は一眼レフカメラでも360度の写真を撮影出来るんです。

RICOH THETA S レンタル

しかし、一眼レフで撮ろうとすると、カメラ本体、広角のレンズ、専用の三脚、写真をつなげる為のソフトなどが必要になり、1から全部用意するとなると30万円ほどの高額な費用がかかってしまいます...

先程説明した写真を繋げるも手作業になってしまうので、ものすごい大変な労力と時間がかかってしまいます。

でも、RICOH THETA Sを使えばシャッターを1回押すだけで、後はRICOH THETA Sが画像を繋げてくれるので、簡単に360度の写真を撮影出来るんです。

 

これって凄い技術なんですよ!?

 

今、巷では「スマホを360どカメラ化しよう!」「格安の360度カメラ!」などの広告などが目につくと思います。

でも正直それらはおすすめできません。先程から言っている通り、360度カメラは2枚の画像の繋ぎ目の処理が重要です。

RICOH THETAは世界初の360度カメラとして発売した実績と技術を持っています。

「いきなり本体を買うのはちょっと...」という方の為にレンタルがあります。

+ RICOH THETA Sのスペック

発売年 2015
有効画素数 1200万画素(×2)
静止画解像度 5376×2688
最高ISO感度 静止画: ISO1600、動画: ISO1600
最高シャッタースピード 静止画:1/6400秒、動画:1/8000秒
動画解像度(最大) 1920×1080
動画フレームレート 30fps
動画1回の記録時間 (最大) 25分
Wi-Fi 有り
NFC 有り
内蔵メモリー容量 約8GB
防水 無し(専用のケース有り)

 

RICOH THETA Sの出来ること

360度の写真を楽しむ

普通のカメラで撮った写真に飽きていませんか?

360度撮影出来るRICOH THETA Sならば、その場の360度を丸々切り撮って写真に収めるので、普通の一枚写真より思い出の引き出しが多くなり、話のネタにもってこいですね!

こちらの写真はディズニーで撮った写真です。これはもう、インスタ映えしますよね!

工夫次第で色々な写真が撮れますよ!

こちらのbenclaremontさんは特におすすめのユーザーです。

 

Ben Claremont ?さん(@benclaremont)がシェアした投稿 -

RICOH THETA Sのその他の写真はこちら(RICOH THETA のインスタ)をチェック!

 

YouTubeに360度の映像を投稿

YouTubeで360度の映像は見たことありませんか?

PCの場合は、動画をマウスでグリグリ弄ると360度見渡せます。

スマホの場合は、スマホ本体を360度ぐるぐる向けてください。

RICOH THETA Sだと画質はまだちょっと時代に追いつけていませんが、YouTubeで360度の映像を投稿出来るのは凄いですよね。

この動画はインターバル撮影の機能を使って撮影をしています。

撮るのは一見難しそうな動画にみえますが、誰でも簡単に撮影できます。VRの発展から、これからもっと流行っていくであろう360度映像。今のうちから360度撮影に触れてみませんか?

詳しいやり方はこちら(RICOH THETAで簡単にYouTubeへアップロードする方法)をチェック!

 

PlayStationVRでRICOH THETA Sの写真を見る

最近VRって言葉が流行っていますよね。

RICOH THETA S で撮影した写真・映像をPlayStationVRに写して、本当に本当にその場にいるかのような仮想現実が味わえますよ!普段見る写真・映像がもっと楽しくなります。

RICOH THETA S レンタル

詳しいやり方はこちら(RICOH THETA 内の静止画/動画をPlayStation®VRで見る方法)をチェック!

 

LINEでも360度の写真が見れる

LINEのアップデートにより、LINEのトーク画面から360度の写真のプレビューが見れるようになりました。

360度プレビューに対応しているのは静止画のみですが、相手が360度の画像を表示する「THETAアプリ」を持っていなくても360度プレビューで見られるので、手軽に共有することができます。

RICOH THETA S レンタル

詳しいやり方はこちら(LINEで手軽に「360度写真」を共有しよう!)をチェック!

 

レンタル時の値段は?全3社で比較!

レンタルカメラショップってたくさんあってどこでレンタルするのが良いのか迷ってしまいますよね。全ネットレンタルサイトを調べた結果、RICOH THETA Sは3社のみで取り扱っていました。

レンタルする際は、料金やサービス面も考慮して選びたいかと思いますので、3社の料金とサービス面を比較していきます。

全レンタルショップでの比較はこちら↓

関連記事おすすめレンタルカメラショップとは?20項目で10社を徹底比較!

 

RICOH THETA Sがレンタル出来るサイト

レンタルサイト名 最低レンタル日数/料金 1日あたりの料金 送料 破損 紛失
Rentio  3泊4日/4,480円 1,120円 無料 2000円まで 販売価格の罰金
レンタル館  1泊2日/2,400円 1,200円 返却時有料 1000円  販売価格の罰金
DMMいろいろレンタル  3日/3,540 1,180円 無料 無し 販売価格の罰金

料金の比較

1日あたりの値段はRentioが一番安くなりました。

しかしどこのレンタルサイトも1,000円ちょっとと、あまり大差が無い結果となりました。

料金のみで見た場合、使用する期間によってレンタルサイトを選んでもいいと思います。

 

送料の比較

送料はRentioとDMMいろいろレンタルは、往復共に無料です。レンタル館は返却時のみ有料になっています。

DMMいろいろレンタルとレンタル館の返却方法は宅急便での配達なので、営業所に持っていくか、集荷依頼をしなければなりません。

その点、Rentioは最寄りのコンビニで預けるだけで返却が可能となっています。Rentioだと旅行先のコンビニでも返却が可能なのでギリギリまで撮影できるという点もメリットです。

 

破損した場合の比較

Rentioは破損した場合は2000円までの罰金になっています。

DMMいろいろレンタルの場合は破損した場合でも罰金はありません。ただし、通常の利用では考えられない汚損・破損の場合は対象外となることもあります。

レンタル館はレンタル料金合計金額の10%を上乗せすることで、安心補償がつけることができます。安心補償をつけた場合のみ1000円の罰金で済むようになっています。

 

紛失した場合の比較

紛失時は各社、本体販売価格の罰金を払わなければいけません。海外旅行などでは、バックの置き忘れやスリなどにも注意しましょう。

 

どこでレンタルするのがおすすめ?

私のおすすめは「Rentio」です。

  • 往復ともに送料無料
  • 返却はコンビニで渡すだけで可能
  • もしもの破損時も2000円まで請求
  • 1日あたりのレンタル料金が最安値

以上の点から、Rentioでのレンタルがおすすめです。

Rentioの詳細はこちら↓

関連記事レンタルカメラ初心者におすすめ「Rentio」を徹底解説!

 

Rentioの最低レンタル日数は3泊4日なので「1日だけ使いたいだけだし、4,480円も払うのは勿体無い」と思う方もいると思いますが、使ってみるとこれが結構ハマります^^

通常のカメラと違って、操作もシャッターを1回押すだけなので事前の練習も必要ないのですが、普通のカメラと違った面白い写真がとれるので、ペットをアップで撮ってみたり、天井から吊る下げて撮ってみたりと、アイデア次第で家でも色々と遊べます

なので、使用したいのは1日だったとしても余分な日数で遊んでみても悪く無いと思います。もちろん旅行などでは料金やサービス面から、一番コスパが良いと思いますよ!

RICOH THETA Sをレンタル

 

三脚が必要な場合は「RICOH THETA S & SLIK一脚兼簡易三脚セット」がおすすめです。

自撮りなどではあまり使用しないかと思いますが、360度写真素材として必要な場合などは人が写っていると困ることがありますよね。

その場合、テーブルのなどに置いて撮影することも出来ますが、高さを出したい場合などは三脚が必要です。

しかし、三脚だと三方に足が開くため、足の部分が大幅に入り込んでしまいます

そこで活躍するのがセット内容にもなっている一脚兼簡易三脚です!

Rentioサイトより引用

Rentioサイトより引用

軽量で持ち運びしやすく、人の目線と同じくらいまで伸ばすことが可能です。

こちらの一脚兼簡易三脚は、最小限の映り込みで済むようになっているため、RICOH THETA Sと相性が良いです。

こちらの写真が実際に使用した時の写真です。

Rentioサイトより引用

Rentioサイトより引用

この一脚兼簡易三脚がセットになったRICOH THETA SがRentioではレンタルすることが出来ます。

「自分は映りたくない!」という方はこちらのセットをおすすめです!

RICOH THETA S & SLIK一脚兼簡易三脚セットをレンタル

 

人気レンタルカメラサイト

Rentio

Rentioは「レンタルを感動するほどカンタンに」がコンセプト。

レンタルするまでの手順が分かりやすく、カメラ初心者でも簡単にカメラをレンタルすることが可能。

レンタル館

レンタルカメラ老舗で、圧倒的豊富な品ぞろえのレンタルカメラサイト

一眼レフとレンズをレンタルするならココ!

ReReレンタル

ReReレンタルは、家電・カメラ・楽器・ゴルフ用品・ベビー用品などをレンタルすることが可能。

運営会社は上場企業で安心。

レンタルカメラショップでは珍しいポイント制度付き。

-360度カメラ

Copyright© レンタルカメラNAVI , 2019 All Rights Reserved.