レンタルカメラNAVI

おすすめレンタルカメラショップとは?20項目で10社を徹底比較!

アクションカム

『GoProHERO6』レンタルするならどこが良い?全3社で料金比較!

購入するよりレンタルの方がお得なGoPro HERO6。

今回はGoProHERO6レンタルできる全3社で料金とサービスを比較していきたいと思います。

冒頭ではGoProHERO6についての説明をしています。

「どこでレンタルすればいいんだ!」とお急ぎの方は、目次から項目に飛んでください!

 

GoPro HERO6とは

GoProレンタル

GoPro HERO6あまりにも人気すぎて、聞いたことがない人はいないのでは無いでしょうか?

GoPro HERO6はカメラの中でもアクションカムと呼ばれる種類に属します。

「アクションカム」というのはアクティブ用のカメラで、一般的なビデオカメラよりも小型軽量で広角撮影が得意なので、スキーやサーフィンなどのスポーツや登山などのアウトドアなどで使用されます。

ビデオも写真もどちらとも撮影することが出来ますよ!

デザインもシンプルでかっこいい点が人気な理由の1つかもしれません。

映像を見れば、どんな映像が撮影できるか分かると思いますが、外見のコンパクトさからは想像出来ない程の綺麗な映像が撮影出来ます

 

GoPro HERO6のスペック

発売年 2017
有効画素数 1200万画素
撮像素子(センサーサイズ) 1/2.3型
連続撮影速度 (コマ秒) 30
ズーム倍率 (デジタル含む) 0倍
焦点距離 (広角側) 15 mm
焦点距離 (望遠側) 48 mm
F値 (広角側) f2.8
感度 ISO 100~6400
Wi-Fi 有り
手ブレ補正 有り
内蔵メモリー容量 0GB
防水深度 10 m

 

GoPro HERO6の出来ること

広く映せる

アクションカムの一番の見せ場!GoProHERO6は広角のレンズを搭載しているので、下の写真のように都庁も全て広く映ります

自撮り棒に取り付ければ、大勢での記念撮影も余裕です。

 

GoProさん(@goprojp)がシェアした投稿 -

 

防水なので水中や雪山で活躍

GoProHERO6は防水機能が備わっています。

カバーなど付けずに10mまでの水圧に耐える事ができるのでダイビングでの利用も出来ます。

(防水ハウジングケースをつけると水深60メートルまで耐える事が出来ます)

サーフィンやダイビング、スキーやスノボーでの撮影に活躍です!

スロー撮影が出来るGoPro6は、スマホでは撮れない面白い写真が撮影出来ます!

 

GoProさん(@gopro)がシェアした投稿 -

 

夜も安心の撮影

スマホで真っ暗な建物などを撮影しようと思った場合、真っ暗に写ってしまったりしませんか?

流石に一眼レフで撮影した写真にはまだまだ及びませんが、GoProHERO6は暗い場所での撮影も得意です。

ナイトラプスモードで撮影すると、下の写真のような星がぐるぐるしたような写真も撮れます!

どうですか?プロの写真家っぽくないですか?

 

GoProさん(@gopro)がシェアした投稿 -

 

タイムラプス

GoPro6で一番やりたい機能はタイムラプスではないでしょうか?

タイムラプスとは、指定した秒数ごとにシャッターを切り、沢山の写真を撮影した後、パラパラ漫画の様に再生して動画を作る撮影方法です。

GoProHERO6にはタイムラプスモードがありますので、誰でもすぐに撮影することが可能です。

スマホでは絶対撮れない映像で、アイデア次第ではとても良い映像になります。

 

スローモーション

GoProにはスローモーションを撮影が出来る機能もあります。

1080p/240fpsのスローモーション映像が撮れるGoProHERO6では、プロが撮ったような映像も設定1つで誰でも簡単に撮影することができます

1080p/240fpsとは、1080pの画質で1秒間に240枚写真を撮れるということです。

大抵のスマホの画質は1080pなので、1080pの画質があればスマホでもPCでも綺麗に動画を再生することが出来ます。

ちなみに、HERO6のいち世代前に機種のHERO5で240fpsを撮ろうとすると、720pの画質になってしまうので、HERO6の半分の画質でしか撮影できません。画質が向上した今の時代では正直、720pでは物足りないと思われます。

1080p/240fpsは他のカメラには無い機能なので、GoProHERO6が1080p/240fpsで撮影出来ると発表されたときはカメラ好きには大盛り上がりでした!

 

その他のGoProシリーズの写真はこちら(インスタに飛びます)

 

レンタル時の値段は?全3社で比較!

レンタルショップはたくさんあり、どこでレンタルするのが良いのか迷ってしまいますよね。GoProHERO6は最新機種であり本体価格が高いことからか、なかなか取り扱っておらず、3社のみしか取り扱っていませんでした

レンタルする際は、料金やサービス面も考慮して選びたいかと思いますので、3社の料金とサービス面と付属品の比較もしていきます。

全レンタルショップでの比較はこちら↓

関連記事おすすめレンタルカメラショップとは?20項目で10社を徹底比較!

 

GoProHERO6がレンタル出来るサイト

レンタルサイト名 最低レンタル日数/料金 1日あたりの料金 送料 破損 紛失
Rentio  3泊4日/9,980円  2,495円 無料 2000円まで 販売価格の罰金
レンタル館  1泊2日/5200円  2,600円 返却時有料 1000円  販売価格の罰金
DMMいろいろレンタル  2日/6,040  3,020円 無料 無し 販売価格の罰金

料金の比較

1日あたりの値段はRentioが一番安くなりました。

しかし最低レンタル日数は3泊4日なので、1日だけ使いたいという方にはおすすめできません。

 

送料の比較

送料はRentioとDMMなんでもレンタルは往復 共に無料です。レンタル館は返却時のみ有料になっています。

DMMなんでもレンタルとレンタル館の返却方法は宅急便での配達なので、営業所に持っていくか、集荷依頼をしなければなりません。

その点、Rentioは最寄りのコンビニで預けるだけで大丈夫です。

旅行先のコンビニでも返却が可能なのでギリギリまで撮影できるという点もメリットです。

 

破損した場合の比較

Rentioは破損した場合は2000円までの罰金になっています。

DMMなんでもレンタルの場合は破損した場合でも罰金はありません。ただし、通常の利用では考えられない汚損・破損の場合は対象外となることもあります。

レンタル館はレンタル料金合計金額の10%を上乗せすることで、安心補償がつけることができます。安心補償をつけた場合のみ1000円の罰金で済むようになっています。

 

紛失した場合の比較

紛失時は各社、本体販売価格の罰金を払わなければいけません。バックの置き忘れやスリなどにも注意しましょう。

 

各社付属品の内容にも違いがあるので、比較していきます。

  Rentio   レンタル館 DMMなんでもレンタル
  GoProHERO6通常セット GoPro HERO6 Black 初心者セット GoPro HERO6 Black 定番のマウントセット(カメラアーム) GoPro HERO6 Black Go Pro/HERO6 Black
GoProHERO6本体(バッテリー1点装着済み)
防水ハウジングケース ×
USB-Cケーブル
The Frame(標準フレーム)
レンズ保護カバー(標準フレーム装着時用) ×
平面マウント/曲面マウント ×
ハウジング用バックドア 2枚 ×
カメラアーム(アーム/グリップ/簡易三脚として利用可) × × ×
microSDカード × ○64GB × ○32GB ×
デュアルバッテリーチャージャー(充電器)/予備バッテリー1点付き × × ×
充電用ACアダプター/USBケーブル × × ×

Rentioは3種類のセットがあります。必要なものに応じてレンタルできるので誰にでもおすすめできます

レンタル館の場合は平面マウント/曲面マウントとカメラアームがセットに含まれておらず、別料金でレンタルしなければならない点が、初心者には分かりにくく、マイナスポイントです。

DMMなんでもレンタルは、付属品の内容が少なくこれだけレンタルしても、満足してGoProHERO6を使えないだろうという印象です。SDカードがセットに含まれていないのが初心者には分かりにくく、マイナスポイントです。

 

選ぶ時の付属品の注意点

microSDカード

GoProHERO6レンタル

GoProHERO6はiphone製品などの本体に全て保存とは違い、microSDと呼ばれるメモリーカードに写真や動画を保存します

これが無くてはせっかく写真を撮っても保存することが出来ません。レンタルまたは購入をしてください

撮った写真や動画などはPCやスマホに送れるので、今後も使わないだろうと思う方はレンタルでも良いと思います。

 

平面マウント/曲面マウント

GoProHERO6レンタル

これはGoProHERO6をスノボ・スキーの板や、バイクのヘルメット、車のボディなどに付ける為のパーツです。

このパーツの上にGoProをセットする形になります。

このパーツは裏面がシールになっているので、つるつるした面ならどこでも付けられます。

もし、あなたが撮影したい写真や映像が、スキー・スノボー・サーフィン・バイク・車など場合は平面マウント/曲面マウンがあるセットにしてください

後から泣く羽目になります。

 

アーム(自撮り棒)

GoProHERO6レンタル

GoProHERO6はアクションカムなので、自分で持って撮影することを考慮して本体を設計れていません

なので、GoProHERO6を持って町中を旅行したり、テーマパークを歩く場合は専用のアームを使うのをおすすめします。

これがないと、ちっちゃなGoProHERO6を片手で持ちながら撮影する不格好な姿になってしまいます...

また、タイムラプスなどの撮影をしたい場合もGoProを固定する必要があるため、三脚が必要です。

Rentioのセットに付属するアームは、グリップ・簡易三脚としても使えるのでお得ですよ!

 

結局どこでどれをレンタルするのがおすすめ?

私のおすすめは「Rentio」の「GoPro HERO6 Black 初心者セット」です。

GoProHERO6レンタル

このセット内容は...

  • アーム(自撮り棒)が付属しており、旅行などの手持ち撮影に対応出来る。
  • 平面マウント/曲面マウントが付属しており、スノボ・スキーやサーフィンなどの撮影にも対応。
  • 予備バッテリーも付属しており、1日中の撮影でも安心。
  • microSDカードのセットになっており、沢山種類のあるSDカードから選ばなくてもOK。

以上の点から、これを選んでおけば絶対に間違いがないセット内容になっています。

11,980円と少々高い金額になってしまいますが、これだけのセット内容で1日2,995円で使えると考えると安いと思います。

Rentioの最低レンタル日数は3泊4日なので、1日だけ使いたいという方にはおすすめできませんが、旅行などの場合などにおすすめです。

Rentioの詳細はこちら↓

関連記事レンタルカメラ初心者におすすめ「Rentio」を徹底解説!

 

自撮り棒・三脚がいらない場合は「GoProHERO6通常セット」がおすすめです。

GoProHERO6レンタル

※平面マウント/曲面マウントは付属しています。

※SDカード無し(レンタルまたは購入をしてください)

人気レンタルカメラサイト

Rentio

Rentioは「レンタルを感動するほどカンタンに」がコンセプト。

レンタルするまでの手順が分かりやすく、カメラ初心者でも簡単にカメラをレンタルすることが可能。

レンタル館

レンタルカメラ老舗で、圧倒的豊富な品ぞろえのレンタルカメラサイト

一眼レフとレンズをレンタルするならココ!

ReReレンタル

ReReレンタルは、家電・カメラ・楽器・ゴルフ用品・ベビー用品などをレンタルすることが可能。

運営会社は上場企業で安心。

レンタルカメラショップでは珍しいポイント制度付き。

-アクションカム

Copyright© レンタルカメラNAVI , 2019 All Rights Reserved.