レンタルカメラNAVI

おすすめレンタルカメラショップとは?20項目で10社を徹底比較!

レンタルカメラサイト比較

レンタルカメラは破損が怖い?罰金ナシのレンタルカメラサイトはここだ!

最新カメラを手頃な価格で使うことができるレンタルカメラ。

しかし、レンタルということもあり、破損が心配ですよね?

 

「壊してしまったら罰金が...」

「罰金なら初めから買っていた方が良かった...」

という事にもなりかねません。

 

この記事ではそんな心配性の方にも安心して使える、

破損しても罰金ナシのレンタルカメラサイトを紹介したいと思います。

 

Rentio

破損した場合 過失のない場合は請求なし。過失のある破損でも2000円までの請求。
損失した場合 製品の販売金額の100%を上限とした金額が請求。

Rentioでは、過失のない破損の場合は罰金はありません。追加で補償料金なども支払う必要もありません。

過失のある場合のみ2000円の罰金を支払う必要があります。

紛失した場合は商品の販売価格を支払わければなりませんので注意してください。

Rentioの詳細はこちら→Rentio

Rentioでカメラを見てみる

 

DMMいろいろレンタル

破損した場合 故意のない場合は請求なし
損失した場合 商品の参考価格が請求

DMMいろいろレンタルでは、故意のない破損をした場合は罰金はありません。追加で補償料金なども支払う必要もありません。

紛失した場合は商品の販売価格を支払わければなりませんので注意してください。

DMMいろいろレンタルの詳細情報はこちら→DMMいろいろレンタル

DMMいろいろレンタルでカメラを見てみる

 

破損しても罰金ナシは初心者に安心

罰金ナシのレンタルカメラサイトは2社しかありませんでした。

普段使い慣れていないカメラを使うからこそ、破損に対する補償がしっかりしているサイトでレンタルしたいものです。

今回紹介したRentioとDMMいろいろレンタルは、レンタルする流れも簡単で初心者におすすめのレンタルカメラサイトになっています。

そしてレンタルカメラショップを選ぶ際に注意するべきポイントは補償だけではありません。

  • 送料
  • 身分証明証の提出
  • 即日発送

といったことも比較する必要があります。

詳しくはこちら↓

>>おすすめのレンタルカメラショップとは?10社を20項目で徹底比較!

 

-レンタルカメラサイト比較

Copyright© レンタルカメラNAVI , 2019 All Rights Reserved.